« 2010年12月 | トップページ | 2011年4月 »

2011/03/19

節電のお願い

今回の震災について、被害に遭われた皆様には謹んでお見舞い申し上げます。

尾道という地にいて何も出来ないもどかしさを痛切に感じています。

関東地方の方々のように節電にも協力できず、何か物資を届けることも出来ず・・・

ただ義援金に応じ、少しばかりの寄附をさせて頂くことと、Twitterやfacebookを通じての情報発信をして少しでもお役に立てる情報を流せたらと動くのが関の山といった所です。

そんな情報発信の一つをこのブログでもさせて頂きます。

私の高校時代の同級生から来た、差し迫ったお願いです。

関東地方にお住まいの皆さん、関東地方にお知り合いにいる皆さん、どうかこの内容を読み、協力して上げて下さい。

*************************************************

みなさん、大変ご無沙汰しております。1組の○○です。

△△君のメールをお借りする形となり、申し訳ありません。

東京電力管轄地域にご在住の方がおられましたら、お願いがあります。

ご承知のとおり、現在東京電力は輪番停電を実施しており、節電が非常に重要になっているため、既に関東近辺にお住まいの皆さんには節電についてご対応頂いていることと存じます。

私は現在、××××という会社で、在宅酸素療法をされている患者さんを対象に仕事をしておりますが、酸素の器械は停電になると当然とまります

その間、酸素ボンベを使って酸素を補給するしかないため、被災地の宮城や福島、山形では、現在弊社の社員がレスキュー部隊さながら、酸素ボンベ持って走り回っているという状況です。

十分な数量のボンベを所持してはおりましたが、この未曾有の大震災に対し被災地の患者さんへボンベを集中して供給している上に、東京電力管轄のエリアで、輪番停電という対策が実施されたため、被災地以外のエリアでもボンベの需要が急激に増加しております。

現在私は、患者さん宅のボンベを切らさないために、懸命にボンベを手配している状況ですが、停電時にボンベは確実に消費されてしまうため、地震発生以来、ボンベの交換対応に追われている毎日です。

健常人にとって停電は、さほどのダメージはないかもしれませんが、病人にとっての停電は命取りなのです。輪番停電を最小限に抑えるために「節電」について今一度お願いいたしたく、ぜひ、東京電力管轄にお住まいの方々には、ご家族、仕事の同僚に対しても、ぜひとも呼びかけて頂きたいと思い、メールをさせて頂きました。

僭越なお願いで誠に恐縮ですが、ご検討下さいますようお願い致します。

*************************************************************

(固有名等について一部加工しております。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年4月 »