« 12月にセミナーを開催します! | トップページ | 経営者応援セミナー無事終了!! »

2009/10/21

子ども達に学ぶこと

先週の日曜日(18日)は、わが子の通う小学校で学習発表会とバザーが開催されました。

1年生から6年生までが一生懸命に歌や演奏、劇などを発表する姿に、感動しました。

1年生は、ついこの前迎えた入学式では、落ち着きがなくただただ可愛い存在でしかなかったのに、いつの間にかはっきりとした大きな声でお話ししたり歌ったり出来るようになっています。(そばにいた知人が、「本当に1年生かと思うぐらい立派だな!」と感想を漏らしておりました。)

当然他の学年も素晴らしい発表を行い、その度に感動し、いい大人(の私)が目頭を熱くさせていました。

特に圧巻は、6年生。

最高学年であり、最後の発表会ということもあり、素晴らしく気合いの入った発表でした。

その素晴らしさに多くの保護者の方も、ハンカチで目頭を押さえたり、すすり声を出したりしていました。(当然私も声が震えるほどの感動を頂戴しました。)

ある人が、「感動」についての定義をこのようにしていました。

「感動」とは、「期待値」を上回るものを頂いた時に心がふるえること。

学習発表会の最中、明らかに会場内は「感動の渦」でした。

私達は子ども達のひたむきさから「感動」を与えてもらっていました。

さてさて、振り返って私達大人の社会には感動はどれぐらいあるのでしょう?

お客様に感動して頂くぐらいに「ひたむきに」仕事が出来ているでしょうか?

「ただ単なる流れ作業として業務をこなしているだけじゃないの?」と言われてどれだけの人が否定出来るでしょうか?

自己反省も込めて当事務所のサービスについて今一度見直す必要があると感じた出来事でした。

追伸:以前、事務所のみんなで見た「レジ打ちの女性」をもう一度みようと思います。
この作品も「感動」出来ます。

|

« 12月にセミナーを開催します! | トップページ | 経営者応援セミナー無事終了!! »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子ども達に学ぶこと:

« 12月にセミナーを開催します! | トップページ | 経営者応援セミナー無事終了!! »