« リスクマネジメント講座無事終了! | トップページ | 頑張れ社長! »

2006/04/17

それが一番大事!

皆さんは、「大事マンブラザースバンド」の「それが大事」って曲をご存じですか?

「~負けないこと
  投げ出さないこと
  逃げ出さないこと
  信じ抜くこと
  ダメになりそうな時、それが一番大事~♪」

私が大好きだった歌の一つですが、この唄を思い出した出来事に続けて二度ほど出会いましたので、少し紹介させて頂きます。

その1.
 とある小学校の臨時採用の教員。

当時、記者だった彼は取材である学校を訪れました。そこで出会った子ども達に感銘を受けた彼は、縁あってその学校で教鞭を執ることになりました。
(彼は教育学部を出ていて教員免許は持っていたそうです。)

2年間をその学校で過ごすうち、昔の夢だった小学校の先生に正式になりたいと、彼は本気で思うようになりました。

今の子ども達とは分かれることになるけれど、自分の本当に進みたい道が見えた今、「教員採用試験」に受かるために今一度原点に戻って勉強したい!

悩みに悩んだ末に、彼は、臨時採用の期間が切れる前に自ら辞表を出し、この4月から地元に戻って試験勉強に専念することになりました。

「この学校と出会わなかったら、
 
こんな気持ちにはならなかったと思います。」
送別会の際、彼は涙をこらえながらそう話していました。

きっと、彼なら採用試験にも立派に合格し、素晴らしい先生になると信じています。

その2.
とある創業者とその社員。

「俺は、社会のためにこれをやっていきたいんだ。」

「何年かかるか分からないけれど、俺がしていることを時代が評価してくれる時がきっとやってくる。」

「その為には君の力が必要だ、協力してくれないか?」

おそらくそんな会話が10年以上前にあったのでしょう。

彼女はその言葉を信じて上京し、事業の立ち上げに協力しました。

それから10年。

資金繰りの厳しさ、思うように進まない事業展開等々

途中で投げ出したくなる時もあったようです。

でも、歯を食いしばって死にものぐるいで頑張った結果、ようやくその苦労がだんだんと報われようとしてきています。

「今までの苦労がやっと花開く時がきた。」

「もう少しで一緒に笑える日がやってくる。」

創業者からは今までかけた苦労に対しての感謝の気持ちが彼女に伝えられます。

きっと、本当に近い将来、手を取り合って喜び合える日が来ることだと思います。

「~負けないこと
  投げ出さないこと
  逃げ出さないこと
  信じ抜くこと

  涙流していいよ、それを忘れなければ~♪」

自分の決めた道を突き進んでいく時、途中にはいろいろな苦労が必ず待ちかまえています。

でも、それはきっと、自分の意志の強さを確認するために予め用意されているハードルなんでしょうね!

そんな状況に出会った時には、この唄を口ずさみながら(無理してでも笑顔で)乗り越えていきたいと感じました。

(この二つの話は私が聞いた話に基づいてはいますが、内容については多少デフォルメしていますことをご了解下さい。)

|

« リスクマネジメント講座無事終了! | トップページ | 頑張れ社長! »

「ビジネス・会社経営」カテゴリの記事

「人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145743/9639722

この記事へのトラックバック一覧です: それが一番大事!:

« リスクマネジメント講座無事終了! | トップページ | 頑張れ社長! »