« ちょっと良い一日 | トップページ | クレーム対応 »

2006/02/18

あなたの目指すべき所は?

先日、ある経営者の方から電話で次のような相談を受けました。

社長:「役員報酬を別の会社からも貰うことになったけど、その分当社の報酬を下げようかと思う。結構経営厳しいしね・・・どう思う?」

私:「そうですか、非常勤役員としての報酬を頂戴されるんですね。まぁ、いいんじゃないですか?社長の手取りは変わらないし、かえって社会保険料の負担が減る分だけ会社も社長も助かるんじゃないですかねぇ?」

社長:「いや、別会社からの報酬は源泉が乙欄適用になるよね?そうすると手取りが減っちゃうんだよねぇ・・・」

私:「毎月の手取りが減る分は確定申告でおそらく還付になりますよ。」

社長:「いやぁ、わかるんだけどね、子供の教育費等で何かと物入りで・・・」

私:「社長、ダメですよ!

 経営者が目先のことばかり気にしてちゃ!!」(`´)

社長:「あ、怒られちゃった・・・」((+_+))

チャンチャン

税理士として、この対応は良かったのかどうかわかりません。
(社長の気分を害したかもしれませんしね)
でも、やはり経営者の方には高い次元での判断を常にしておいてほしいと願っています。

今日、とある本を読んでいて知ったのですが、太宰春台の『産語』にこんな会話があるそうです。

 松の苗木を植えていた老人に、通りがかった君主が年齢を尋ねた。「八十五になります」と老人が答えると、君主は笑った。「その松が立派な木材になっても、自分では使えないだろうに」と。
 八十五翁は言った。「国を治めている人のお言葉とは思えませぬ。私は自分のためではなく、子孫のために植えているのです」。
 君主は恥じ入る他はなかった---。

以前お話したマズローの5段階説(2005/10/28会社の器と経営者の器)ではありませんが、高い次元の経営者であり続けたいものです。

(お断りしておきますが、この話に出てくる社長に高い志がないわけではありません。私が尊敬する経営者の一人です。多少冗談半分での会話をデフォルメしております訳です。(^_^;) )

|

« ちょっと良い一日 | トップページ | クレーム対応 »

「ビジネス・会社経営」カテゴリの記事

「人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145743/8723782

この記事へのトラックバック一覧です: あなたの目指すべき所は?:

« ちょっと良い一日 | トップページ | クレーム対応 »